HOME > 出会いから3ヶ月の間、気をつけること> 差し障りの無い話ばかり

お問い合わせをお待ちしております
富山店: 076-494-3111
金沢店: 076-287-3300
営業時間平日 AM11:00~19:00
土日祝 AM10:00 ~ 18:00

差し障りのない話ばかりでは、結婚が遠のく

「出会って3ヶ月で「結婚」を口にするのは早すぎると考えて、
差し障りのない話や楽しいデートばかりしてしまうカップル。
何度も会っているのに、結婚の「ケ」の字も出てこない・・・そうなってくると「結婚」を言い出すのタイミングをのがし、お互いに不安が出てきてしまいます。別に、直球プロポーズじゃなくていいのです。

「一緒に住むならこういう家がいいね~」とか・・・
「お互いの家の中間で、会社に近いといえばこの辺りに住めばいいのかな~?」とか・・・

お相手に「あれ~?それって・・・結婚のこと~?」と、伝わるような・・・。
何となくでいいので、結婚を意識させるような軽い会話をしましょう。
それがちょいちょい会話に出てくれば、
わざわざ「結婚を意識しているよ」とハッキリ伝える必要はありません。

出会って3ヶ月は、一番楽しい時期ですから、基本的には会っている事自体を楽しめばよいのですが、そろそろ・・・この人でいいのかな?の判断をし始める頃でもある、重要な時期です。


逆に、すぐに結婚を口に出しすぎて失敗するケース

男女の違いを意識しよう!!


早く「結婚、結婚」言いすぎてダメなケースもあるんです。

カップルトレッキング男性は「菩提樹はお見合いだから、お見合いで“OK”の返事=“結婚OK”でしょ」とかんがえる方が多く、初対面で「イイ!!」と思ったら、すぐに結婚まで熱く突っ走る!ケースがあります。

その結果、女性から「2回めのデートで彼の家の敷地や田んぼを見せられて、グイグイ来られて”無理だ”と思ってしまいました」と、交際が終了してしまった、という話がありました。

一般論ですが、男性と女性では、気持ちが結婚に向くまでのスピードにかなりの違いが有ります
女性はじっくりと愛を育てる、ちょっとずつお互いを知りながら、前に一歩一歩進んでいくという人が多いのです。

ココで重要なのは、押し付けないこと。対話すること。まだなら「待って」とちゃんと言うこと。男女の違いをちゃんと認識して、分かり合うことが重要です。



お問い合わせはコチラへ!

icon かなざわ店 電話076-287-3300 


icon とやま店  電話076-494-3111
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る