お問い合わせをお待ちしております
富山店: 076-494-3111
金沢店: 076-287-3300
営業時間平日 AM11:00~19:00
土日祝 AM10:00 ~ 18:00

おごる?おごらない?のおサイフ問題

お金の出し方は、どのカップルもぶち当たる問題です。
通常は、最初のデートでは男性が食事代やお茶代を支払うのが無難なのですが、
その際、お店のレジの前で、女性がお財布を出したか出さないか・・・とか、カップル困る
毎回毎回当たり前のように男性が支払い続けることに対する女性の態度とか、
ひとケタ単位まで割り勘にするとケチとか神経質だとか思われたり・・・とかじゃあ、どうしたら良いの?みんなどうしてるの?
その疑問と、スマートで納得のいくデート費用についてお話します。


●男性はこちら#男性編へジャンプ

●女性はこちら#女性編へジャンプ


●男性編 ①乗り気の相手じゃなくてもちゃんと支払おう! 

男性は、女性よりも一目惚れの傾向が強いとされています。
つまり、一目見て「なんか違う」と思ってしまった相手にはお金を遣いたくないと思ってしまう可能性も大いにあるということです。

も、パッと見だけで決めていいの?結婚ですよ。結婚。
やはり、人柄を知り、自分とのフィーリングを確認する時間を過ごすべきです。 たとえあなたがノリ気の相手でなかったとしても、最後に「やっぱり良いな~~」と思うかもしれない! 

後悔先に立たず・・・にならないように。初回のデート費用は気前よく、カッコ良く男性がスパっと支払いましょう。

●男性編 ②カッコイイ支払い方法

お会計の時間は必ずやってきます。
カッコ良くお支払いできれば、好印象を持ってもらえるはずです。 ボダくんアドバイス
その3つの例をご紹介!

1.自分がトイレに立った時にお会計を済ませてくる

2.彼女がお手洗いに行っている間に、お会計を済ませてしまう

3.一緒にレジまで行って、彼女がお財布を出して支払おうとしたら 「今日はとても楽しかったので、そのお礼です」と言えばカンペキです。













●女性編 ①「払ってあげたくなる人」になろう

実は、男性のほうがシビアに考える「お金をかけたい女性か、そうでないか?」
女性あーんして
このコなら、おごってもいいや!と思うことができればデートの費用は出せますが、 そうじゃない場合は「缶ジュースでどう?」とか安くあげたがるわけです。
男性の気持ちとは、とてもわかりやすいものなのです。
ですから、女性は【気持ちよくおごってもらえる女性】を目指すべきなのです。

●女性編 ②やっぱり男性が支払うのが無難なのですが・・・

最初のデートでは、男性がお会計を受け持つのが無難です。
でも、初対面の女性が「おごってもらって当たり前」状態だと、男性は一気に冷めてしまいます。
(ポーズでも良いので)お財布を出して「私も払います」と言うべきです。

そして、「ありがとうございます」「美味しかった」「ごちそうさまでした」の3つの言葉を必ず言いましょう。

何も言わない女性は、なかなか縁が見つからないと心得ましょう。

●女性編 ③大げさなほどに感謝しよう

おごってもらった場合、 「おいしかったです~♪」「ありがとうございます!」 「また来ようね」「このお店はまた来たいですね!」などと、満足していることと感謝していることをしっかり伝えましょう。笑顔で。 bodaijyu-cup1

その逆を絶対にしてはいけません。 お店の悪口=おごってくれた人への不満 にもなりかねませんので、万が一美味しくなかった場合も感謝は忘れずに。

●女性編 ④「次は私にプロデュースさせて!」

そうは言っても、おごってもらってばかりではNG。
デートの度に彼に負担をかけてしまうことになり、 あなたと会うことを億劫になられても困ります。 そんな時は「次は私が行きたいお店に行こうね。 bodaijyu-cup1私にプロデュースさせて!」と言ってみましょう。
そのお店は、リーズナブルなお店でもOKです。 好きなお店を選んで、好きなモノをチョイスしてください。そうすれば、あなたも気持ちよくお支払いすることができます。
また、ピクニックを企画して、お弁当を作ってあげるのも、とても良いと思います。
次の約束をする・・・という事は、次のデートをするという事。お付き合いが続いていく・・・という事にもなりますし、彼に好印象を持ってもらえるはずです。

●女性編 ⑤小さなお返しをする

お問い合わせはコチラへ!

icon かなざわ店 電話076-287-3300 


icon とやま店  電話076-494-3111
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る